LINEフェイスブック等で出会えるのか

超有名アプリ、LINE、フェイスブック、ツイッター、インスタグラム等々。SNSいわゆるソーシャルネットワーキングサービスの大手です。スマホにこのどれかのアプリが入っていない人はほとんどいないでしょう。ちなみに、会員数で言えば、フェイスブックは世界中で数億人の会員です。

で、思いませんか?
フェイスブックにはたくさん登録しているから出会えるんじゃないの?
と。
自分にほんとうにピッタリな人がぜったいいるでしょ?
日本で使ってない人がいないであろうSNS便利アプリ、LINEでだったら出会えるんじゃないの?
と。。

答えは、出会えないことはない。
です。

ただし、LINE、Facebookなどの有名で登録者数が数百万人のSNSほとんどの人がアプリを導入しているけど、 出会いを積極的に求めているわけではないということ、なのです。
基本的にはLINE、Facebookを使っているほとんどが、新しい人と出会いたくないと思ってます。
なぜでしょうか?

フェイスブック、ツイッター、LINE、インスタグラムを使っている人は、出会いたいと思って使ってるからではないから、です。
ソーシャルネットワーキングサービスいわゆるSNSサイトは、基本的にリアルな自分を表現するために使うアプリです。SNSという道具を利用して自分を表現するために使っていることと、リアルに出会うこととは逆、正反対になるので、基本的にはあまり出会えないんです。

金銭のやりとりとか、
ビジネス的なやり取りが絡んだりとか、
趣味が劇的に合うので情報交換に、
という理由でFacebookアプリを使って出会う可能性は大きくあります。その後の発展もあるかも知れません。ですが、リアルに出会っている関係だとかで、普通長年コミュニケーション取っているとかでしょうから、すぐには出会いには発展しない。純粋に出会いたいから、は絶対にない。

また、ちまたでは

LINE交換掲示板

てものがあります。 これはその名の通りLINEのIDを交換する(教え合う)掲示板です。 LINEから、ID交換を抜き出して、「ある目的」に特化したみたいな仕組みです。出会いもその1つ。「出会い掲示板」ってことですね。
でも基本的にはビジネス的な出会いが大きくなります。つまり、金銭のやりとりがともなう大人の出会い関係です、ね。割り切り出会いです。肉体的なこともそうですし、商品をやりとりするとかもありますね。

LINEの登録には年齢制限がない(2020年現在)ですので、いまどき小学生でもスマホを持つ時代です。少し前の話ですけど、LINEの出会い掲示板で出会ってみたら、中学生だったってのは、わたしの知人が経験した話です。彼は、「うーむ、15年前なら、」とは言ってましたが・・・、今回はすぐに別れたそうです。知人いわく、「最近はヤバイ。中学生や女子高生とただ一緒にいただけでもつかまる可能性がある。いいわけできない」と。もちろん女子中学生のパンツを買いたい男性にはピッタリなのもLINE交換掲示板なんですが・・・ 未成年者との出会いには厳しい時代になっています。

もちろん、法律の網をかいくぐって情熱的なビッグな欲望を持つ人は世の中たくさんいるようですけどね・・・・

まとめますと、
LINEでは年齢の制限がないことも新しい出会いには向いてはいない。Facebook、Twitter、Instagramでアカウントを作成するには13歳以上でOKなのでまともなコミュニケーションが取れないし18歳未満との出会いにはリスクが甚大と言えるでしょう。
フェイスブック、ツイッター、LINE、インスタグラムで出会いを探すことは、リアルな状況に置き換えますと、いきあたりばったりで歩いて、目の前の人にナンパするような感じです。効率が悪いし、確率も低いし、何歳かもわからない。リスク多すぎなのです。

ただひとつ、
肉体を目的とした出会い、割り切った関係のための金銭的やり取りが発生する目的での出会いには掲示板などで利用されているようですが・・・。 ただし、一番のネック、年齢がいくつなのかはわからないので捕まる危険があるってことを承知しておくべきでしょう。大人の割り切った出会いでも、18歳以上が基本です。いまどきネットはすべて検閲されていると考えて間違いないでしょうから。

出会いたいなら、18歳以上の確認が必要になっている、不正な課金などないサクラも使っていない、出会い専門の優良サイトやアプリを使うべきですよ。さあ、専門の出会いを10年以上運営している優良な安心サイト&アプリで相手を探しましょう!

目的別掲示板完備の割り切り人気の出会いアプリ 出会い系サイトへ

評価の高い出会いアプリなら大人の関係はすぐ

評価の高い出会いアプリって意外に少ないのです。
App StoreやGoogle Playマーケットでダウンロードできる出会いアプリのほとんどはサクラアプリです。
注意しましょう。特に「大人の」とか「男性も利用無料」のこの2つで押しているアプリは超危険。
出会える出会いアプリはイマドキ男性の利用は有料です。
有料のお金でまともな出会い系運営会社は、素人女性獲得のために広告宣伝するのです。

サクラのいない出会いアプリには、サクラはいません。
評判の良い割り切り出会い系サイトって、ずっと評判がいいものですよ。
一般の女性が登録しているからこそ評判が良い。
パット出の少ない会員数のサイトでは出会えませんけど、女性にずっと支持されている出会い系なら割り切りも難しくありません。

しっかりしたアプリサイト選びをすれば、きっと楽しい割り切りライフを送れることでしょう。

さあ、男性も女性も今すぐ無料ではじめませんか。
(男性継続利用は、格安の有料ですけど・・・)

男性も今すぐ無料で開始できる優良割り切り出会い系アプリはこちら

雑誌広告掲載出会い系サイトには良い悪いがある

雑誌などに広告を掲載している出会い系サイト、出会いアプリには、種類が二通りあります。

良い出会い系
と、
悪い出会い系です。

良い出会い系は、素人の一般女性が読む女性誌、ファッション誌に広告している出会い系サイトです。
優良です。
出会えます。

逆に、悪い出会い系は、男性が読む男性雑誌への広告しているサイト。
ほとんどサクラサイトが多いです。ぜんぶとは言いません。
が、ほとんどがサクラサイト(全員サクラのサイト)です。
基本、男性が読む男性雑誌への広告しているサイトには登録してはいけません。
男性向けのギャンブル雑誌とかアダルトエロ系(ヌード系・芸能人や女性アナのポロリ系)雑誌に掲載している出会い系も、だいたいダメです。
良く覚えておいてください。

女性誌に広告しているような出会い系サイトや出会いアプリには、素人の女性が登録しています。つまり、マッチングのための運営としてサクラを使っていないということ。お金を掛けて一般女性会員募集しているってことですから。一般の女性に会員になって欲しいから募集の宣伝をする。
一般の素人女性が登録することで、男性も安心して割り切りを楽しむために広告多い出会い系サイトに登録できるっですよね。

さあ、女性も男性も女性誌に積極的に広告しているような優良な割り切り人気の出会い系サイトアプリで楽しみましょう!

女性雑誌への広告多数の割り切り人気の優良出会い系サイトアプリへ

割り切りはフーゾクと変わらない。搾取がないネット出会い。

割り切りとフーゾクの違いは、

フーゾクは、女性と男性が、会社とか組織とかシステムに頼って、自分を売っている場。「女性が肉体を売っている」って意識は、男性の側から見た図です。
女性はそうでもありません。売っているのは、女性も男性も同じです。フーゾクは、男性女性共に関係している場ですから。
割り切りは、システムじゃなく、個人同士が、ネットという双方向システムの上で、やっている。
「フーゾクの業者」が「インターネット」に変わっただけです。
根本的には、何も変わっていません。男性も女性もです。

いつの時代でも、金銭を介して男女が交わるのは、文明ができ、お金ができてから、とくになにも変化はありません。
継続的に行なわれている事実です。そこに、男性も、女性も、欲求があるのですから。
男性が女性を必要としている根本的な欲望は生物の本能ですから、ずっーと存在しています。
ただ、システムだけが変わっただけ。

フーゾクは業者が介在しますから、テラ銭を搾取されます。
ネット使えば、搾取されません。
すると、どうしますか?
男性、女性共に、ネットを利用し割り切り出会いをするのは、時代の当然の流れなのです。

実は、ネットが出現する数十年前までにも、女性と直接出会って割り切りするのは普通にあったのですよ。知らない人が多すぎるだけで。
まず、新聞の3行広告で募集(電話番号と一言コメントだけで募集)。(いまから40年以上前。考えるとすごかった・・・。懐かしい・・・。)
次に、すごいのが電話を使ったテレクラ(今から30年ぐらい過去)。男性がテレクラ(テレフォンクラブ)という店に行く。暗い小さい部屋に電話が1つ(今風の液晶とかはありません!ベッドなんかもなし。タダの部屋。電話は、黒電話と次の世代ぐらい。)そして、数十の部屋に数十の男性が、自宅からかける女性からの電話を待つ仕組み。(当時携帯電話は存在していません。)
女性からかかってきた電話を、暗い部屋でいる男性が受話器を置いているボタンを一定のスピードで上げ下げするのです(欲しいチケット取るときとかつながらない場合と実は同じ)。そうしないと、他の部屋の男性に負ける。
そして、つながったら、そこで話をして、顔も見ていないけど、言葉のやり取りでいいかどうか感じて、交渉し出会う。
こうゆう仕組みがネットができて、現代はネットができていっそう便利になっただけ。出会う前に顔見れて吟味できるのは最高です!ただ、基本は同じ。

ネットという出会いのコミュニケーションのハードルが低くなったことにより、欲しい男性と必要な素人の女性が、わざわざ店に登録して、紹介されなくてもよくなった。あいだをとりもってもらう必要がなくなった。これがネット時代です。
店に登録するということは、男性も女性も、うわまえ(上前)をはねられる。つまり、自分の稼ぎから何十パーセントか吸い取られるってことです。ネット使って直接交渉すれば、うわまえ(上前)はなし。全部のお金が実入りです。みんな、こうしますでしょ。

そうゆうわけで、
まず、フーゾク関係の女性が先陣を切って一気に直接やり取りできる割り切りサイトに突入。
その後、
いまでは、素人女性もお金ない時とかにスッキリと使うまでになった。その後、継続的に使い出し、口コミで伝わりだし、一般の素人女性が普通に割り切り出会いに参入するようになっている←今ココ!
そうゆうことです。

フーゾクと割り切りの違い、が特にない、と理解できましたね。割り切りもフーゾクも同じなんです。
うわまえはねられずに(お金を他人に搾取されずに)、男性も、女性も、うまく出会いを利用することで、人生が楽しいものになることに変わりはありません。

さあ、はじめましょう!
割り切りで人気の出会い系サイトアプリ人気ランキングへ

割り切った出会いの場合女性のドタキャン率はすごく下がる法則

出会いアプリ&出会い系サイトの利用する男性で一番いやだといわれているのが、

ドタキャン。

出会い系サイトを利用していて、少なからず多いのが女性のドタキャン。
テンポよくいい感じで会話を重ねていて、
話もますます盛り上がり、
会う約束までしたにも関わらず、
来ない。
いきなり、ドタキャンしてしまう女性は数多くいます。

男性もある意味必死になって相手を探しているわけで、
そんな中いい人を見つけられて、
会えるというところまで来て実際に約束したのに・・・
失礼な女性がけっこういます。

20年以上出会い系サイトで割り切りもまじめな出会いも経験していますけど、
最近は、ものすごくドタキャン比率が上がっていると感じます。
女性も、小さい頃からネットにはまりすぎて、リアルな出会いに恐怖感があるのでしょう。
感じます。

基本的に女性は、実際に会うとなったらそれまではなかった不安が押し寄せてくるもの。
女性は、最新注意を払いながら、勢いやノリで約束しないように気をつけなければいけませんのですが。

ドタキャンする女子の理由は、だいたい三通りあります。
1.途中まで良かったけど、当日になってなんとなく行きたくなくなった。
2.化粧のノリやヘアースタイルが良くなかったり、カラダのイマイチ感でもう動きたくない。
3.サクラ

この3つのパターンに当てはまります。
やっかいなのは、当然3。
サクラは、会えません。
なので、出会いサイト選びの判断が大切になりましょう。

ただ、きちんとした出会える優良な割り切りサイトやアプリを使っている場合、
そして、出会いの目的が、割り切りの出会いの場合、約束したらドタキャンは意外に少ないのです。
経験上。

そこに金銭の授受が発生すると、サクラではない女性なら、
化粧のノリが悪かろうが、
気分が乗らなかろうが、
やってきます。

女性っておそろしいですが・・・

新しい出会いのドタキャン率がすごく少ない割り切り。
即出会えると評判、公式アプリ完備、男性も無料で開始できる割り切り出会いサイトを使って、充実した時間を過ごしましょう!

LET’S GO!

なぜサクラを使った出会いサイトが大量に存在してるのか?

儲かるから。
ですね。
サクラを利用して(雇用して)出会いサイトを運営すれば、運営者が金を稼げるから、です。
悲しい時代ですが・・。

しかし、これが人間の欲望の一番先なのかもしれません。
基本的に誰もがお金が欲しいですから・・。
普通の人は、できるだけまっとうに、と考えるのですが、そうではない人もいます。

不正に儲かる仕組みはさまざまですが、
出会いを求めるのは、人間の生理的欲求に近いですから、なくてはならぬモノです。
子孫繁栄のためにわたしたちの遺伝子のどこかにある欲求。
ただ、相手を求めるためには、自分ではなく生き物としての相手が必要。
相手を求める場所、それが出会いサイト。
そこに、サービスを提供せずにカネを儲けようとする輩が。。
利用しようとする悪の考えを繁殖させる人がいるんですよねえ・・。

サイトの信用力が問われる時代。
サイトはいい加減であってもしかたがないと受け入れてしまう下地が日本にはけっこうあります。
だからこそ、ついついわたしたちはだまされてしまうのです。
だまされたほうも悪い的な・・・
ほんとうはそんなことはないのですよ。
人同士が出会うシステムとしての出会いアプリ&サイトが運営者の金儲けの手段になってはいけないのです。
しかし、現にサクラだらけのサイトがある。
私たちは避けて通らなければいけません。
出会いを、割り切りを楽しむために出会いのアプリやサイトを使うのですからねえ。

考えてみてください、ネットができる前を。
ネットができる前に、
リアルな結婚相談所的会社があって(いまでもたくさんありますが)、女性会員がサクラばかり、とかの会社ってなかったと思いますか。
最近、映画にもなりましたけど(後妻業の女)
「出会い」「結婚」には、人がどうしても求めるために、金銭に変わりやすい。
出会いというもっともカンタンで、誰もが参加でき、楽しいアクションにつながる良い場所なのに、です。

出会いは、楽しい。
割り切りも楽しい。
だからこそ、きちんと運営されている素人ばかりのサイトで割り切りを思う存分に!
出会いを楽しめる場所だからこそ、サクラのいない優良な出会い系サイトで割り切りをしっかり楽しみましょう!

出会いアプリサイトにはびこる業者さんを夜の店で考えて例えてみました。

出会いアプリサイトにはびこる業者さんを、夜の店で考えて、例えてみました。

ガールズバーより出会い系アプリです。
だって茶飯出会いがあるからガールズバー行かなくてもいいですよ。
ってことで、
ガールズバーの料金の内訳と、割り切り金額との比較を少し。

最近流行の(ずいぶん経っていますけど)ガールズバーを例に挙げると、
普通ガールズバーで男性のお客さんは、1時間3000円飲み放題の料金を支払う。
→女性の実入りは時給1300円程度。
女性の実入り(時給)が高い店で1500円程度。安いところで1100円程度。
もちろんキャッチしている時間は、店によって時給換算してくれるところもあれば、
完全実績給で店に案内できれば2000円だけど、キャッチの時間とかは、時給換算はなし、とかの仕組みの店もありますけど。普通は時給制。

出会い系アプリサイトに存在する業者さんも基本的に似たような料金の仕組み(リアル店舗と似てる)と考えて良いです。お金や経営のシステムを理解していれば、おのずと運営は似てくるものですからね。

業者が介在する割り切りの場合もほぼ同じ割合。
十倍すればわかりやすいです。
3万円の割り切りで
業者の取り分の平均は17000円。女性の実入りは13000円。
2万円の割り切りでは、業者が12000円、女性が8000円。半々とかも。

でもこうゆう仕組みを基本的には女性は理解できません。割り切りする女性は数字が苦手。
お金の計算が苦手です。理解できていても借金で業者に囲われている女性も多いですしね。数字が増えるごとに、自分が損をしているというこの世のシステムを理解できません。理解できない男性も増えていますけどね。

カンタンに理解できたあなたは、割り切り向きです。かしこいです。あたまが良いです。
ガールズバーに行っている場合ではありません。

業者をできるだけ排除してるオープンな素人どうしの出会いができる大人気のアプリサイトで、さっそく試してみませんか。

アプリサイト利用には、だいたい男性月3000円程度は必要(女性にメッセージする料金→素人女性とコンタクトできる料金としては格安です)です。
掲示板で好みの女性探してメッセージしまくりましょう!
レッツゴ-!

割り切り出会い系アプリ|即出会える超人気サイトランキングへ

ギャラ飲み

SNSで流行の、ギャラ飲みって知ってますよね。

ギャラ飲みとは、
飲み会が男性ばかりの集まりですと、
お金の話と、
男性同士のできないしょんぼりセックスの話で終わってしまうので、潤いがない。

で、
「会社や有志が開く飲み会に女性がいたら楽しいだろうなあ・・」
「女性がいると盛り上がるよなー」
「2次会でガールズバーやキャバクラやクラブとかに行っても商売魂だらけでつまんないもんなあ・・・」
「飲みにビジネス感いらないよなあ・・」
「素人感があればいよなあ・・」
で、

「大きい会社やテレビ局の飲み会並みに一般の素人が、若い女性が、打ち上げとかに一緒にいればなあ・・。」

で、

飲み会に参加した女性に、飲み会を開いた男性(陣)から謝礼(おこずかい)が支払われる。
ってことです。

このトータルパッケージが、ギャラ飲み(ギャラ呑み)。「ギャランティー払った飲み会」

割り切り出会いの一形態です。
ネット使えば相手探せるってこと。
さまざまな目的を持った男女が集まる会員登録者数が多い一般女性が登録する出会い系アプリ&サイトには、流行のギャラ飲みニーズの男女がいますよ。
ネット使えば、専門業者が介在しないから相場もごなれてくるんですよね。
さっそく登録して、検索してみましょう!

会員数多い割り切り出会い系アプリサイトへ

バレンタインデーがやってくる

クリスマス、そして
お正月が終わり、
次の男女のイベントはバレンタインデーですよね。

「割り切りには関係ないでしょ?」

いえいえ、そんなことはありません。
考えてみてください。
世の中の適齢期の女性がすべて本命の彼がいますか?
10代20代の女性の全員がまじめに付き合って欲しいと願う男性が存在してますか?

そんなことはありませんよね。
逆です。
本命がいない男女のほうが多いのが現実。

新年からバレンタインデーにかけて本命がいる女性はキラキラしていますよね。
で、
そんなキラキラ女性と話している女子友達は楽しいですか?
光っている人の横では闇が深くなるのです。

本命男子を探す為に出会い系サイトや出会いアプリに登録する女性がバレンタインデーに向けて増えるのが新年明け。でも、女性が全員相手を探せるかというとそうでもない。
バレンタインに向け、「逆にはじける」女性が増えます。大人の交際へと。
割りきった関係を求める女性が増えるのが「夏休み」と「バレンタイン時期」なのです。

年があらたまって次の目標が増え、
女子大生や大学生が長い春休みに入る時期ですし、
卒業や年度替わりもあり、交友関係が一気に変わる時期です。

さあ、男性は女性登録多い優良人気出会い系アプリサイトに今から登録して女性からのチョコを待ちましょう!

優良度MAXの人気出会い系サイトアプリはコチラ

女子大生というブランド

女子大生は常にブランドが高いです。
普通は、20歳前後。
18歳から22歳ぐらいまで。
肉体年齢は、女性として人として一番引き締まり、なおかつ熟れ始める年齢。
精神年齢は、社会に染まっていないのでフレッシュな発想。

割り切り相場も高め、です。
3ぐらい。
女子大生の割り切り相場い変化があったのが2018年。
2018年春、ある地方の知事が超有名優良出会い系アプリサイト
ハッピーメール(18歳以上)
で知り合って定期的に割り切り出会いをしていたと、週刊誌がすっぱ抜いた。女子大生が取材費ほしさにしゃべりまくっただけなんだけど・・・。
東京の有名女子大生曰く、相場が3で、知事に当選したから定期で4にしたとか・・。
で、話題になって、
独身の知事は辞職願提出。
独身だし、相手は女子大生で18歳以上。
自由恋愛で法律的には問題ないんですけどね。

ただ、
この情報が出て以降、一回のセックスで4稼げるなんて、って期待したパパ募集の女子大生がめちゃくちゃ一気に増えたのが2018年。女子大生でも、グレードの違いってあるんだけど・・女子は理解できないので一気に人気出会い系サイトアプリになだれ込み(特にハッピーメール)ました。
需要と供給のバランスが一気に崩れ、供給過多に。おかげで、割り切り相場がだだ下がり。経済論理的に、供給が増えすぎると価格が下がる、法則になってしまいました。

で、
2019年新年も女子大生の割り切り相場の低下は続いている状況。

男性にははっきりいってめちゃお得な時期です。
チャンスをつかむことが人生をより楽しむ法則です。

さあ、割り切り出会い人気のアプリサイトで早速女子大生探しましょう!

大学生の会員数多い割り切り出会い系アプリへ