女性雑誌へ広告してる出会い系サイトはサクラはナシ

【女性雑誌へ素人女性の会員募集の広告出してる出会い系サイトや出会いアプリはサクラを使っていない根拠】

少し、考えてみてください。
あなたがもし、サクラを使って男性をだましてお金を巻きあげたいと思っている出会い系サイトや出会いアプリを運営しようとする社長だとします。

わざわざ莫大な金額を支払って素人女性になってもらう為の宣伝広告で女性を募集しますか?

サクラ運営の出会いアプリを提供してるサイト運営者なら、サクラの給料を支払うことだけ考えるでしょ。
「サクラ募集」の求人広告費は、数人雇うのに10万円程度もあれば十分でしょう。出会えないサクラアプリなのですから、たくさん雇う必要もありません。サクラは男性でもかまいません。ひきこもり男性を一人雇ってパソコンの前でやりとりさせれば良いのです。女性のフリをさせて・・・(今でもたくさん男性のサクラがサクラ出会い系にいます)。あとは普通に時給計算のバイト代を数千円払えば良いだけです。
実際、こんな悪質詐欺的出会い系アプリが氾濫しています。
サクラは、一人か、数人雇えば何百人の男性相手にメールのやりとりはできます。

そうゆうわけで、
サクラを使う出会いアプリを運営する悪社長なら、サクラ募集の求人広告は出しますが、「素人女性のサイトへの会員募集広告は絶対に出さない」です。

【優良出会い系アプリの運営ってけっこうたいへん】
逆に、あなたがもし優良出会い系サイトアプリの社長なら、どうします?

きちんと出会い希望の一般の女性にアプリを使ってもらうようにするには、サクラを雇う比ではないお金と労力が必要なんです。
広告をいっぱい出して膨大な金額を投資して登録してもらった素人の女性から、「このアプリ使えなーい!」なんてことになれば、会員数は伸びていかないでしょうし・・。
女性の口コミは恐ろしいですから・・・
アプリのコンテンツの充実をしっかりやっていかないといけない。使いやすく。出会いやすく。楽しく。・・・です。
お金のことだけではなく、サイトやアプリでちゃんとマッチングできるように運営する出会いのビジネス的労力も絶対的に必要になっているんですよね。

そして、今、日本でトップレベルの会員登録がある出会い系サイトや出会いアプリで素人女性を大量に募集するには、年間数億円かかります。

出会える優良出会い系サイトアプリの社長ってたいへんなのです。あくどいことをさらっと考えている器ではできません。経営能力(財務管理能力)と社員を引っ張る能力(統率力)がなければ、もはや出会い系サイトの経営はできないレベルまで時代が来ているのです。

ゆえに、
女性誌に広告を継続的に出している出会い系アプリにサクラはいない。と考えてよい大いなる根拠になるのがおわかりでしょう。日本トップレベルの出会える出会い系に一般の女性に登録してもらうのに、女性雑誌やファッション誌、レディコミへの広告など含めた宣伝費に年間数億円も必要なんですよっ!

割り切り出会いも素人女性と始められる人気の出会い系サイト、出会いアプリを安心して使っていきましょう!

女性誌にも継続広告してる割り切り出会いアプリ優良出会い系サイトはコチラ